2018年11月19日月曜日

三国?

こんばんは、燃えPaPaです。

よくことわざ、慣用句的なもので、
「三国一の果報者」「三国一の花嫁」などと使われる「三国」とは、
日本、中国、インドのこと。
なお、三国志の三国は、魏呉蜀の中国内三国で、関係ない。

燃えPaPa

2018年9月8日土曜日

シャーペンの芯

シャーペンの芯を電子レンジに入れて加熱すると光る。ちなみにそんなことをする必要は人生の中にない。

クリスマスイブのイブ

クリスマスイブの「イブ」とは、イブニングevening(夜、晩)の略。
なぜクリスマスの前日の夜を祝うかというと、
ユダヤ暦では、日没の瞬間に日付が変わるとされているため。
なので、現在では前日の夜が、ユダヤ暦ではクリスマス当日の夜となる。

魔法ビンの中はなぜ鏡?

魔法ビンの中をのぞくと鏡のようになっているのが分かるが、これは鏡には光だけではなく熱も反射するという性質を利用しているため。

2018年8月17日金曜日

バブル時代あるある

こんばんは、
燃えPaPaです。

日本の経済黄金期である、
とにかく働けば金が生まれ続けた奇跡の時代、
バブル期を象徴するあるあるがすごいです。

ここでいくつかご紹介。


タクシー運転手の稼ぎが毎晩10万以上。

定期預金は、10年経つと元本の倍以上になって返ってくるという高利率。

仕事帰りはいつもタクシー、会社の領収書で数万円のタクシー利用が毎晩は当たり前。

1980年代後半には東京都の山手線内側の土地価格でアメリカ全土が買えるという算出結果となる


今ではどれも驚くべき内容ですが、
本当にこんな時代があったんです。

そして、


自分の名前が漢字で書ければ一流企業内定、年収一千万円確定。

新卒は誰でも給料袋が立つほど。


とにかく人手が欲しくて、人が動けば金が生まれる、
こんなうらやましい時代があったんですね。


燃えPaPa

2018年6月24日日曜日

地域ごとに違うソース人気

こんばんは、燃えPaPaです。



こんなに地域によって売れているソースは違うものだそうなんです。

燃えPaPa